山本彩の妊娠の真相は?父親がヤバイ?出身高校や熱愛彼氏も!

AKB48兼NMB48のメンバーとして知られる山本彩さん

2014年と2015年の「AKB48選抜総選挙」では6位に選ばれるほど、AKBグループの中でも人気の高いメンバーの一人です。

そんな山本さんですが、ネット上では妊娠や父親がヤバイとの噂が!

そこで今回は山本彩さんの妊娠の真相や、父親や出身高校に熱愛彼氏の噂などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

山本彩のプロフィールは?

山本彩

本名:山本彩
愛称:さや姉
生年月日:1993年7月14日
出身地:大阪府
血液型:B型
身長:155cm
趣味:歴史探索、映画鑑賞、音楽鑑賞
特技:ボウリング、ダンス、鉄棒

山本さんは2010年に行われた「NMB48オープニングメンバーオーディション」に応募したことがきっかけで、NMB48のメンバーとして活動を始めています。

ですが、それ以前にもバンドを組んで”SAYAKA”名義で活動をしていたこともあるそうです。

「MAD CATZ」というバンドで、メジャーデビューも果たしています。

詳しい理由はわかりませんが2009年に解散してしまったようですね。

そして、NMB48のメンバーに入ってからはその圧倒的なパフォーマンスから、NMBの絶対的エースと呼ばれるほどの人気を誇っています。

 

山本彩の出身高校や大学はどこ?

山本さんの出身高校や、大学についても調べてみました。

山本さんが通っていたとされる高校は平安女学院高等学校

しかし、平安女学院はNMB48として本格的に活動するために、

途中で大阪薫英女学院高等学校に転入

平安女学院では2年生の時に生徒会長を務めていたと言われています。

しかも、小5~中3までは学級委員長

小さい頃からリーダーシップのある方だったのでしょうね。

ちなみに出身中学校は茨木市立南中学校だそうです。

 

山本彩の妊娠の真相は?

最近、”恋愛禁止”がネタ化してきているAKBグループですが、

山本さんにはいきなり妊娠の噂が流れているようです。

とは言っても、調べてみた所これは

完全なデマ情報

誰かが「山本彩が妊娠した」というツイートをしたことで、拡散され話題に

それを目にした人が確認のためにネット検索をしたせいで、キーワードにあがってきただけみたいですね。

さすがに妊娠が事実ならゴシップ誌が黙っているわけもないですし(笑)

スポンサーリンク

 

山本彩の熱愛彼氏の噂は?

妊娠が話題になれば、次に気になるのがそのお相手

まぁ妊娠はデマだったわけですが、次に山本さんと熱愛の噂になったことがある男性の事も調べてみました。

山本さんと熱愛になったことのある人はコチラ

「ONE OK ROCK」のボーカルを務める森田貴寛さん

2015y07m01d_224918544

Takaさんですね。

ワンオクといえば、若い世代でとても人気のあるロックバンド

ボーカルのTakaさんはイケメンとしても話題になりますね。

一時期ニュースにも取り上げられ、真剣交際しているとの報道がされましたが、

山本さん本人がキッパリ熱愛を否定

Takaさんとは交流したこともないと発言しています。

ニュースになったので本人が否定しても怪しいところですが、

それ以降、なんの情報も出ていないので本当に熱愛はなかったと思います。

他に調べてみても熱愛関係の噂は出てきませんでした。

 

山本彩の父親がヤバイ?

では、最後に山本さんの父親がヤバイという噂についても調べてみました。

これは、2015年の3月に山本さんが「有吉AKB共和国」に出演した時の話で、

「何でか分からないんですけど、(父が)私の顔をペロペロと舐め回すんですよ」
「小学校に入る前とか。保育園ぐらい」
「結構頻繁にされていて、慣れたんですけどそれがすごい嫌で」
「気持ち悪くて」
「私は嫌って言うのに、無理矢理すごいしてくるんですよ」

山本さんがその時に暴露した父親の話が原因で、ネット上で話題になったようです。

確かにヤバイといえばヤバイですね(笑)

しかし、「大きくなってからは自然となくなった」とのことです。

当たり前ですが、中学生、高校生にもなって顔を舐められたらさすがにブチギレますね。

それだけ愛情を注いでいたともとれますが、どうなんでしょうね(笑)

ではこれで山本彩さんの紹介を終わりたいと思います。

熱愛関係の噂が全くと言っていいほど無いのは、ファンにとっては嬉しいですよね。

今後もこの調子で活動を頑張って欲しいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

One Response to “山本彩の妊娠の真相は?父親がヤバイ?出身高校や熱愛彼氏も!”

  1. 工藤勇太 より:

    kekonnsitekudasai

コメントを残す

サブコンテンツ