2018y12m05d_160856130

「キングスマン」や「英国王のスピーチ」で有名な俳優のコリン・ファース
2015年公開の「キングスマン」は全米でヒットしており、日本国内でも人気がありましたね。

ネット上では「若い頃がかっこいい」と話題になる事が多く、嫁(妻)や息子が気になる方もいるかと思います。

そこで今回は海外俳優コリンファースの結婚相手である嫁や息子、性格や若い頃の画像などについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

コリンファースのプロフィールや経歴

2018y12m05d_161027678

本名:Colin Andrew Firth
読み方:コリン・アンドリュー・ファース
生年月日:1960年9月10日
出生地:ハンプシャー州グレイショット
国籍:イギリス、イタリア
身長:185cm

コリンファースは1983年の頃から俳優として活動していて1995年のテレビドラマ「高慢と偏見」で高い人気を得ました。

コリンファースの主な出演映画
・ブリジット・ジョーンズの日記(2001年)
・シングルマン(2009年)
・英国王のスピーチ(2010年)
・裏切りのサ-カス(2011年)
・キングスマン(2015年)

私は「英国王のスピーチ」を観て好きになった俳優で、そこから他の出演映画(キングスマンやモネ・ゲームなど)を観るようになりました。
ちなみにコリンファースが出演している映画で気に入っているのは「英国王のスピーチ」と「キングスマン」です。

 

コリンファースの嫁や息子は?

2018y12m05d_161325651
※画像は1997年に結婚したリヴィア

コリンファースには3人の息子がいます。
一人は1995年に女優メグ・ティリーとの間に生まれたウィル・ファース

二人は1995年の「恋の掟」で共演したことがきっかけで交際を始め子供が出来たようですが結婚には至らなかったようです。

もう二人は1997年に結婚したイギリスの映画プロデューサーであるリヴィアさんとの間に生まれた子供です。
2001年にルカ君、2003年にマテオ君が生まれています。

一人目の息子であるウィル・ファースは父親と同じく俳優として活動しているそうで、2016年に「Love Type D」という映画に出演しているとのこと

 

コリンファースの性格は?

コリンファースの性格について調べてみるとインタビューでは自分のことを「性格が悪い方」と発言していますが、実際は親しみやすい性格の持ち主だそうです。
かなりの愛妻家で家族想い、おちゃめな性格とも言われています。

その他、政治活動を熱心に行っていることでも有名でNGO団体「サバイバル・インターナショナル」のサポーターを努めています。
※少数民族の権利を守ることを目的とした活動を行っている団体

2018年6月に息子ルカがバンドとしてステージに登場した時は父親として一般客と同じくお客として息子を応援していたとのこと
2018y12m05d_161942133

観客に気づかれても嫌な顔一つしないで丁寧に対応していて、目撃した人はインタビューで、
「彼はとても紳士的でした。人に気づかれても嫌がっていませんでした。来る人すべてに対してとても丁寧かつフレンドリーに対応していました」と発言しています。

愛妻家で政治活動にも関心があることから、「キングスマン」のように実際の性格も紳士だと言われているようですね。

 

コリンファースの若い頃がかっこいい?

コリンファースは若い頃がかっこいいと話題になることが多いようなので、実際に若い頃の画像をいくつか拾ってきました。

コリンファースの若い頃

コリンファースの若い頃2

コリンファースの若い頃3

コリンファースの若い頃4

インタビューでは「俳優だった若い頃の自分はさぞかし影の薄い存在だったと思う」とのコメントもありました。

かなり謙虚な性格なのかもしれませんが、2010年には「イギリスの最もセクシーな男性」に選ばれたこともあるようなので昔も今もイケメンなのは間違いないでしょう。

以上、コリンファースの妻や息子、若い頃についてでした。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク