「キングスマン」や「英国王のスピーチ」で知られる俳優のコリン・ファース
1997年にイギリスの映画プロデューサーと結婚されていて、愛妻家としても有名ですね。

ただ、この二人は数年前に一時破局、妻の浮気で現在は離婚危機の噂が流れることがあります。

そこで今回は、コリン・ファースの妻の浮気や嫁の元恋人がストーカー化していることなどについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

コリンファースの嫁のリヴィアさん

2018y12m05d_213134604

コリンファースは1997年にイギリスの映画プロデューサーであるリヴィアさんと結婚
二人の間には息子が二人(2001年にルカ君、2003年にマテオ君)います。

二人は長年結婚生活を続けていて、レッドカーペットに登場する姿を見たファンの方からは「理想の夫婦」「長寿カップル」と言われていました。

しかし2018年に二人は数年前に一時的に破局状態なっていたことがあり、その間にリヴィアさんが友人と浮気関係になっていたことが明らかにされました。

事の流れ
・2015年頃に二人は別れる(別居)ことになった
この時の破局理由に関しては詳細は不明
・2015年11月~2016年9月(破局中)までリヴィアが友人のマルコと不倫関係になる
正式に離婚はしていないのでコリンが浮気されたということ
・2016年9月に不倫関係が終わった後もリヴィアさんがマルコからストーカー被害を受ける
このストーカー騒ぎで警察の捜査が入って事件が明るみに出る
・現在はリヴィアとコリンは復縁

簡単に言うと2015年頃に二人は別居することになって別居中に妻が浮気
別居や妻の浮気は公にしていなかったものの浮気相手が関係が終わった後もストーカー行為をしたので警察沙汰になって明るみに出たということです。

現在は二人は関係をやり直して復縁しているとのこと

スポンサーリンク

元恋人のストーカー騒動について

浮気相手はリヴィアさんと長年友人関係にあったイギリスのジャーナリストであるマルコ・ブランカッチョさん。
コリンとも友人関係にあったようです。

不倫関係にあったのは2015年11月~2016年9月までで、不倫関係が終わった後もリヴィアさんにストーカー行為をしていたためイタリアの警察が捜査を開始
2018年3月に事件が明るみに出て二人の別居やリヴィアさんの浮気が世間に知られたようですね。

警察のコメントによれば、
・2016年9月頃からマルコのストーカー行為が始まる
関係を終わらせたくないと電話やメールでリヴィアさんを脅迫
コリンさんにもEメールで妻との関係を赤裸々に報告

リヴィアさんはコリンさんと復縁したいという理由で不倫関係を終わらせたものの、数ヶ月に及ぶ嫌がらせ行為が続いたため警察に相談したそうです。

2018年7月にストーカー行為の訴えを取り下げて当事者らが示談で解決するとの報道がされています。

問題は解決に向かっているようですが、妻に浮気された挙句に嫌がらせメールまで送られたコリンに同情する声が多く挙がっているようですね。

ただ、コリンはストーカー被害を受けた妻に対して怒りの感情ではなく「君も辛かっただろう」と慰めの言葉をかけているようで、愛妻家としてとても優しい性格の持ち主であることが伺えます。

以上でコリンファースの妻の浮気やストーカー被害についてでした。

スポンサーリンク