ウェントワースミラーの恋人は彼氏?性格や同性愛に現在の活動も!

ウェントワースミラー

大人気海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の、マイケル・スコフィールド役で大注目を浴びた海外俳優のウェントワース・ミラー

私がこの俳優を知ったのも「プリズン・ブレイク」がきっかけです。

「プリズン・ブレイク」のファイナルシーズンが終了してから数年が経ち、ミラーの現在が気になっている方も多いようです。

そこで今回は、ウェントワース・ミラーの現在の活動に加え、同性愛や性格についても調べてみました。

スポンサーリンク

 

ウェントワース・ミラーのプロフィールは?

ウェントワースミラー

本名:Wentworth Earl Miller III
読み方:ウェントワース·ミラーアールIII(?)
生年月日:1972年6月2日
出生地:イングランド・オックスフォードシャー州
身長:186.7cm

ミラーは1995年の頃から俳優活動を始めていて、2005年の「プリズン・ブレイク」で主演を務めたことで爆発的な人気を集めました。

その後、2010年に「バイオハザードIV アフターライフ」、2012年に「バイオハザードV リトリビューション」にてクリス役を演じたことでも話題に

有名俳優ではありますが、出演作品があまり多くないですね。
最近では、ほとんど見かけなくなってしまいました。

 

ウェントワース・ミラーの現在の活動は?

ミラーは俳優業の他、脚本家としても活動されています。

2013年に公開された「イノセント・ガーデン」の脚本を務めていることでも知られますね。

俳優活動はどうなのか、調べてみたところ、海外ドラマ「ARROW/アロー」のスピンオフ作品「The Flash」にゲスト出演されているそうです。

なんと、今作では「プリズン・ブレイク」でミラーの兄役を演じたドミニク・パーセルと再び共演を果たすということで話題になっていたみたいです。

2015y07m03d_214529229

ドミニクを推薦したのがミラーだそうで、二人の仲も良さそうですね。

てっきり、俳優活動をやめてしまったのかとも思いました(笑)

その際、「この数年間は脚本を書いていた」との発言もしていました。

今後は、別の作品でもミラーの姿を見てみたいですね。

 

ウェントワース・ミラーの性格は?同性愛について

ミラーは「プリズン・ブレイク」の作中では非常にクールな印象がありました。

実際の性格は、謙虚で控えめな性格だと言われています。

礼儀正しい方のようで、同性愛についてカミングアウトした時も、

「この度はご親切に招待して頂きありがとうございます。これまでにもロシア訪問を楽しみ、ロシア系の先祖がいる者としては、出席するとお答えできればどんなに喜ばしかったかと思います。しかし、同性愛者としては、今回ばかりはお断りせざるを得ません」
「ロシア政府の最近の同性愛者に対する態度と処置に私は深い懸念を抱いています。この状況は到底受け入れられるものではなく、私のような人間の基本的人権が否定され、公に愛することができない国が主催する記念イベントに参加することは道義上できません」
「状況が改善した場合には、恐らく違う決定をするでしょう。ではその時まで」

カミングアウトしたタイミングが、2013年にロシアの国際映画祭に招待された際、ロシアの新法、同性愛プロパガンダ禁止法の成立を理由に断りとともに同性愛についても明かしています。

同性愛プロパガンダ禁止法とは、「同性愛宣伝禁止法」と言って、

その名の通り、同性愛の宣伝を禁止、罰金を科すというもの

この大胆なカミングアウトに対して、同じく同性愛者であるマット・ボマーも、

マットボマー

「彼のカミングアウトの仕方は、本当に大胆で、信じられないほど上品だったと思う。本当に彼を誇りに思うよ。彼のすばらしい性格が反映されているよね」

とコメント

断り方から見ても、とても礼儀正しい方なんだろうなと感じました。

スポンサーリンク

ウェントワース・ミラーの彼氏は?

ミラーの同性愛は、カミングアウト以前からハリウッド界では有名な話だったようで、

恋人の方も調べてみると出てきました。

お名前は、ルークマクファーレン(画像右)

2015y07m03d_214650703

カナダの俳優だそうです。

ルークも2008年に自身が同性愛者だということをカミングアウトしていて、

2007年頃から、熱愛が噂されていたようです。

ただ、実際に交際していると断言できる情報は見当たりませんでした。

熱愛の噂についても古い情報ですので、現在も交際されているかどうかは不明です。

最近はあまり活発に活動もされていないようですし、パパラッチされることもなくなってしまったということでしょうか

今後の動きにも注目ですね!

私としてはゲイだとしても、好きな俳優の一人なので俳優活動を頑張って欲しいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ