オススメ洋画ランキング!2016年以降の個人的おすすめ洋画

私は洋画限定ですが、映画が大好きでレンタルしてきて観ることが多いです。
あらかじめオススメなどは調べないでゲオに行ってその場で選ぶスタイルですね。

やはりネット上ではオススメされている映画が大体決まっているというのが大きな理由ですが、“2016年以降”などの割と新しい映画だとまだ紹介されていないのも理由の一つです。

そこで今回は、2016年以降(日本のレンタル開始日)の洋画で個人的に面白かった映画を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ダーティー・コップ

2017y04m03d_013144870

ニコラス・ケイジとイライジャ・ウッドが主演を務めるクライム映画

私はニコラス・ケイジが好きなので出演している作品は大抵借りていて、新作でレンタルが開始されている中にニコラス・ケイジがいたという理由で借りました。
内容としてはラスベガスで警察官として働くストーンとウォーターズが、ある日に高額の保釈金で自由になった売人の金の出どころを探って見つけた巨大な金庫の中身を奪おうとするというもの

ニコラス・ケイジが演じるストーンの意外な凶暴性が明らかになっていくのが見所です。
前半の二人の会話は地味に笑える箇所が多く、後半は少し緊張感があり楽しめました。

 

ラスト ナイツ

2017y04m03d_013108405

クライヴ・オーウェンが主演を務めていて、主君役としてモーガン・フリーマンも出演しています。

サムライ魂を持つ騎士達の物語
ネット上のレビューは監督がどうこうで酷評している人が多く、あらすじを書くと若干ネタバレになるというのもあるので前情報はなしで観るのが良いです。

騎士やサムライといった世界観が好き、特に抵抗がない人は楽しめると思います。

 

インフェルノ

2017y04m03d_013019621

『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの新作で『天使と悪魔』の次にあたる作品です。
トム・ハンクスが主演を演じていて、有名なので知っている方も多いでしょう。

このシリーズは観るだけで歴史の勉強になることが多く、謎解き要素もあるのでミステリー好きにオススメの作品です。

 

二ツ星の料理人

2017y04m03d_012928572

ブラッドリー・クーパーが主演を演じているドラマ映画

天才肌の料理人アダム・ジョーンズが世界一のレストランを作るために頑張る話です。
期待しないで借りたもののシリアスな場面がいくつかあってストーリーも文句なしで面白かったので、予想以上に楽しめた映画でした。

 

THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション

2017y04m03d_012845522

ジョン・トラボルタが主演を演じるクライムスリラー映画

天才的な腕を持つ贋作画家のレイが刑務所を早く出所するために犯罪組織のボスと裏取引を行ってしまい、その見返りとして美術館のモネの名画を盗み出し、贋作とすり替えるという仕事の指示を受けるという話です。
刑務所を早く出所した理由が、“息子がガンにより余命が少ないと知った”というもので家族愛(ヒューマンドラマ)的な要素もあります。

 

メカニック:ワールドミッション

2017y04m03d_012755569

ジェイソン・ステイサムが主演を演じる2011年の映画『メカニック』の続編

ジェイソン・ステイサムはアクションが凄いことで有名ですが、その中でも特にアクションが凄いと思う映画の一つです。
前作はベン・フォスターがいい感じだったというのもあり、個人的には前作と比べると・・・という感じですが特に欠点はなく楽しめました。

 

ベン・ハー

2017y04m03d_012700716

ジャック・ヒューストンが主演を演じる歴史ドラマ、アクション映画
舞台はローマで戦車競走の話です。

ルー・ウォーレスによる小説『ベン・ハー』の映画化作品で、過去に何度も映画化されていて1959年のチャールトン・ヘストンが主演を演じる『ベン・ハー』が有名だと思います。
そのせいか、ネット上では昔の『ベン・ハー』には勝てないといったレビューが目立ちますが良作なのは間違いないです。

他に、2016年より前ですが割と新しい映画で言えば、
・Dearダニー 君へのうた(主演アル・パチーノ)
・ディバイナー 戦禍に光を求めて(主演ラッセル・クロウ)
・ヴィンセントが教えてくれたこと(主演ビル・マーレイ)
・シェフ 三ツ星フードトラック始めました

あまり製作された年やレンタル開始日は気にしないので、間違っている部分があるかもしれませんが気にしないでください。

以上、個人的に面白いと思った洋画(2016年以降?)の紹介でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

また機会があればジャンル毎や年代別にオススメだと思った洋画の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ