クリぼっちの男の過ごし方(2017年) おすすめのクリスマスソングは?

今年もクリスマスの季節が近づいてきましたね。

クリスマスと言えば、世の中のカップル達が仲良くデートをしている姿を思い浮かべますが、世の中にはクリスマスを一人ぼっちで過ごす“クリぼっち”と呼ばれる方も大勢いることでしょう。

まぁ、大勢いるのかは分かりませんが、管理人も“クリぼっち”の一人です。
毎年、この時期になるとゲームか映画、私の場合は洋画や海外ドラマが好きなので一日中好きなゲームをしたり映画を観たりといったことが多いですね。

スポンサーリンク

世の中のクリぼっちの割合は?

2017y11m10d_024436414

 

やはり、クリぼっちの方が気になると思うのが世の中のクリぼっちの割合

雑誌やテレビによって割合にバラつきがあるので正確な数値とは言えませんが、
・20代の未婚男性の3人に1人
・一人暮らしをする20代30代男女の約50%
・23歳から39歳の未婚男女600人のアンケートでは約7割が恋人以外と過ごすと回答

何気にバラつきがあるのでどの情報が正しいのかは正確な判断は出来ませんが、多ければ10人に7人は彼氏彼女以外の方と過ごすという計算になります。
クリぼっち=彼氏彼女なしという意味であれば、という意味になりますけど・・・

 

クリぼっちの過ごし方(男性ver)

クリぼっち確定の世の男性はクリスマスにどうやって過ごしたらいいのか?という疑問を解決するために管理人が過ごし方を紹介したいと思います。

何といっても管理人は毎年クリぼっちです。
※詳しい年齢は伏せますが参考までに管理人は20代とだけ言っておきます。

アンケートによれば、
・仕事で残業をする
・勉強を頑張る
・あえて定時に帰って周囲にアピールする
なんて答えもチラホラあるようですね。

確かに、外出してもイチャイチャしているカップルを見ると心が折れる、という人は残業をして余計なことを考えないというのも一つの手だと思います。
私の場合は既に会社を辞めているため引きこもりがちという点がクリぼっち回避を不可能にしているのだと思いますが(笑)

個人的なおすすめはゲームか漫画の一気読み、もしくは海外ドラマや洋画を観ることです。
ゲームをプレイするという方には特にオンラインゲームをして過ごすのがおすすめですね。

例えば、2018年のこの時期で盛り上がっているゲームと言えば、
・バトルフィールド1
・コールオブデューティ ワールドウォーⅡ
・グランド・セフト・オートV
などでしょうか
管理人の趣味も入れれば「メタルギアソリッドV ファントムペイン」や「ダークソウル3」など

毎年、クリスマスにもゲームをしている管理人が断言しますがクリスマスでもオンラインゲームをプレイしている方は大勢います。
なので実際は違うかもしれませんが、一緒にプレイしている名も知らぬプレイヤーが“クリぼっち”仲間だと思えば若干気が楽になります。

そして、ゲームや漫画は一切やらないよ、という方は洋画や海外ドラマの一気観がおすすめ
ゲームや漫画が嫌いでも流石に映画が大嫌いという方はいないでしょうし

以下の映画は最近観て面白かった作品なのですが、共通して主人公が哀れというかあまり報われない感じの作品です。
観終わった後は少し虚しくなることもありますが、個人的にこういった洋画は好きなので

ウェザーマン
2017y11m10d_024310012

アバウト・シュミット
2017y11m10d_024239395

マイレージ、マイライフ
2017y11m10d_024155812

海外ドラマで言えば個人的に大好きなのは「スーパーナチュラル」や既にファイナルを迎えていますが「24」などですね。
1シーズンを観るのは時間がかかりますが、24日と25日はどちらも休みという方は食料を買い込んで一気観をしてみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク

クリぼっちにおすすめのクリスマスソングは?

検索してみると「クリぼっち クリスマスソング」などと検索しているユーザーもいるようでしたので、最後に定番のクリスマスソングを紹介していきたいと思います。

竹内まりやさんの「素敵なホリデイ」

Wham!の「Last Christmas」

竹内まりやさんの「素敵なホリデイ」はCMで聞くことがあるので、誰でも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか
私は最近はテレビを観ることがほとんどなくなったので最近のCMでも流れているのかは分かりませんが、

2番目のWham!の「Last Christmas」も曲名は知らなくても聴いたことはある、という方が多いかもしれませんね。
しんみりしたい時には一人でyoutubeなどでクリスマスソングを聴いて過ごしてみるのも良いかもしれません。

以上、男のクリぼっちの過ごし方についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ