『ドラクエビルダーズ2』では特定の色を変化させられるブロックにペンキを使うとブロックの色を変えることが出来ます。

そこで今回は、『ドラクエビルダーズ2』の部屋レシピ「染め物アトリエ」の作り方とペンキの使い方の解説をしていきます。

スポンサーリンク

ペンキの作り方

ペンキは「染料ダル」を使って作成することが出来ます。
染料は直接集めても良いですし、食べ物系アイテムで染料自体を作ることも出来ますね。

そして、染料が一定数集まればペンキを作ることが出来て色を変えられるブロックであればペンキを使ってまとめて色を変えてしまうことが出来ます。

ペンキの色の種類は8種類
カラーペンキ・白
カラーペンキ・黒
カラーペンキ・紫
カラーペンキ・桃
カラーペンキ・赤
カラーペンキ・緑
カラーペンキ・黄
カラーペンキ・青

それぞれ、その色の染料×10で作成することが出来ます。

 

ペンキの使い方

ペンキを作成したらペンキを使ってブロックの色を変えてみましょう。

大前提としてペンキで色を変えることが出来るのは「砂町のレンガカベ」「おしゃれカベ」「アイアンのカベ」などアイテム説明に「色を変えられる」と表記されているブロックになります。

ペンキを使う時はプレイヤーの周囲にある高さ3マスの横5×5の合計75ブロック
プレイヤーの周囲にある“色を変えられるオブジェクトに微調整”されるみたいですが、最大限活用するためには画像のように75ブロックを置いてブロックの中央上でペンキを使用するのが良いですね。

これにより1つのペンキで変えられる範囲を全て利用出来ます!

「染色がま」では1つのブロックに染料1個を消費しなければいけないので、まとめて色を変えたい場合はペンキの方が遥かに効率が良いと言えます。

ペンキで色を変更した後はハンマーで破壊しても色を変色したブロックと認識されるためハンマーの範囲攻撃で全て破壊して回収、建築を始めるのが良いでしょう。

 

染め物アトリエの作り方と必要素材

染め物アトリエの作成に必要なアイテムは以下
「染料ダル×1」、「収納箱(系統)×1」、「かべかけふくろ(系統)×1」「たらい×2」

染め物アトリエは部屋レシピの1つで、ぶっちゃけペンキを作る方法とは関係ないです。
ペンキは染料ダルさえあれば作成出来るので

ただの部屋レシピとしてですが、埋まっていない方は参考にして作って見てください。

染料集めの場所とペンキの作り方・染色方法

火を噴く石像の簡単な入手法と使い方

ギロチンの入手法と拷問室の作り方

宝物庫・財宝の間の作り方と「おたから系」

【ドラクエビルダーズ2】攻略記事まとめ【DQB2】

では、これにて『ドラクエビルダーズ2』のペンキの使い方と染め物アトリエの作り方の解説を終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク