『ファイアーエムブレム 風花雪月』は最初に選んだ学級によってルートが変化し、第二部は4つのルートに分岐します。
ということで簡単に言えば本作は最低でも4周プレイ必須となるため周回プレイ時の引き継ぎ要素が気になりますね。

この記事では、『ファイアーエムブレム 風花雪月』の本編クリア後の引き継ぎ要素と追加要素の解説をしていきます。

スポンサーリンク

周回プレイの引き継ぎ要素

FE 風花雪月は第二部の最後のエピソードをクリアするとクリアデータをセーブしてタイトル画面へ
タイトル画面からクリアデータをロードすることで周回プレイに入ることが出来ます。

周回プレイ時は主人公の性別/名前/誕生日の変更が可能で序章から開始です。

そして、周回プレイでは強制的に引き継がれる要素と名声値を消費して引き継ぐ要素の2種類があります。

まずは必ず引き継がれる以下の要素
・名声値
・聖人像の強化レベル
・雇用中の騎士団
・ショップのレベル

↑の要素は周回プレイを始めると必ず引き継ぐことが出来ます。
そして、周回プレイのボーナスとして多少の名声値も獲得出来ました。

名声値を消費して引き継ぐことが出来るのは以下の要素
・指導レベル
・技能レベル
・支援レベル
・兵種マスター時のスキル/戦技

↑の項目はそれぞれで必要な名声値が違います。
・指導レベルは1レベル上げるのに500ポイント
・技能レベルは1レベル上げるのに500ポイント
・支援レベルは1ランク上げるのに400ポイント
・スキル/戦技の解放は1つの兵種で500ポイント

名声値はクエスト達成、外伝ストーリークリアなどで獲得出来る数値で聖人像の強化に使用するものです。

スポンサーリンク

クリア後の追加要素

引き継ぎ要素は↑のようなイメージになりますが、他にも本編クリア後の特典として追加要素が2つあります。

キャラクターのモデル切り替え

1つ目は「キャラクターのモデル切り替え」

本作は第一部をクリアすると第二部で年月が経過してキャラクターの外見が変化します。
キャラクターのモデル切り替えは主人公の自室で生徒達の外見を自由に切り替え出来るというものです。

紋章アイテム

2つ目は「紋章アイテム」

紋章アイテムは特定の章をクリアすると受け取れるアイテムで、各キャラクターに所持させることで「まれに魔法攻撃の威力アップ」「まれに回復魔法使用時に使用回数を消費しない」などの恩恵を得ることが出来ます。

紋章アイテムはクリアした章によって手に入る紋章が違いますが、手に入れていない紋章アイテムでも名声値を消費すること解放することが出来ます。

では、これにて『ファイアーエムブレム 風花雪月』の周回プレイの引き継ぎ要素や追加要素の解説を終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク