マスターランクで新たに追加されたマスター防具(レア度9~12)はカスタム強化をすることで強化レベル上限を解放して装備の防御力を増加させることが出来ます。

ただし、強化レベル上限解放にはレア度毎に「霊脈玉のかけら」「霊脈玉」「大霊脈玉」が必要です。

そこでこの記事では、『モンハンワールド:アイスボーン』のMR防具のカスタム強化に必要になる「霊脈玉のかけら」「霊脈玉」「大霊脈玉」の入手法を解説していきます。

スポンサーリンク

マスター防具の強化レベル上限解放

前作ではレア度1~8の防具が作成可能で防具のレア度は8が最高でした。

アイスボーンではマスターランクが追加されているので、MRクエストで手に入る素材を使用して作成出来る防具はレア度9~12と前作よりも高くなっているのが一番の特徴ですね。

当然、上位ランクの防具よりもマスターランクの防具の方が性能は遥かに上です。

マスター防具は初期の状態だと装備強化でLv5までしか強化できないものの、必要素材を消費してカスタム強化をすることで防具の最大Lv上限を解放出来ます。

マスター防具のカスタム強化に必要な素材

・レア度9
必要素材:霊脈玉のかけら×1、いにしえの巨龍骨×1
・レアそ10
必要素材:霊脈玉×1、ピュアクリスタル×2
・レア度11
必要素材:霊脈玉×1、大竜玉×1
・レア度12
必要素材:大霊脈玉×1、古龍の浄血×1

この中の「いにしえの巨龍骨」「ピュアクリスタル」「大竜玉」「古龍の浄血」はマスターランクの通常クエストで手に入れることが出来る素材になります。

おそらく大抵の方が入手法で悩むのは「霊脈玉のかけら」「霊脈玉」「大霊脈玉」の3種類になるでしょう。

この霊脈玉と呼ばれる素材アイテムはMR22任務クエスト「導きの歌」クリア後に解放される新マップ「導きの地」でのみ手に入れることが可能になっている特殊な素材アイテムです。

スポンサーリンク

霊脈玉の入手法

それぞれの霊脈玉を手に入れる方法は以下になります。
・霊脈玉のかけら
入手法:導きの地に出現する歴戦の個体の落とし物や狩猟報酬
・霊脈玉
入手法:導きの地に出現する強力な歴戦の個体の落とし物や狩猟報酬
・大霊脈玉
入手法:導きの地に出現する歴戦の古龍の落とし物や討伐報酬

全て導きの地に出現する歴戦のモンスターから手に入れることが出来て、モンスターのランクによって手に入る霊脈玉アイテムが変化します。

おおよその目安としては、
・霊脈玉のかけら:地帯Lv4~5
・霊脈玉:地帯Lv5~6
・大霊脈玉:地帯Lv7

一番気になるレア度12防具の強化レベル上限解放に必要になる「大霊脈玉」は地帯レベル7で出現する歴戦の古龍からの入手となります。

地帯レベルはMRが一定ランクに達すると発生する任務クエストを達成すると解放される仕組みです。

前回、別記事でMR上限解放クエストまとめの記事を書いたので良ければ参考にどうぞ
マスターランク上限解放クエストまとめ

では、これにて『モンハンワールド:アイスボーン』のマスター防具の強化レベル上限解放の解説を終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク